【実験企業様を募集中】Tiktok,Instagramだけじゃない!「次世代ソーシャルメディア “Roblox” でファンと体験の共創!子供達/若者を惹きつける!」〜3D空間でのブランド可視化&PRプロモーション発信〜

【特徴】Tiktok,Instagramだけじゃない!爆発的ソーシャルメディアで新たなファンの獲得、子供達/若い人達を惹きつける!

従来のtiktokやInstagramなどのソーシャルメディアよりもエンゲージメントの高い新たな領域のプラットフォームが注目を集めています。それが、特にRobloxに代表される次世代のソーシャルプラットフォームです。

メタバースでは、交流、エンターテインメント、購買、コミュニケーションが体験として融合し、地域や企業の魅力をバーチャルで体験できる機会を生み出し続けています。Roblox(ロブロックス)は、世界で月間アクティブユーザ2億人を超える(デイリーアクティブでは7,000万人超)メタバースソーシャルプラットフォームです。

【実験企業様の募集】ブランドを3D空間で可視化、3D空間を活用したPRの実験的に行える企業様を募集中

Instagramを活用したファン獲得やコミュニティ形成に成功されている企業様は定期的なコンテンツ投稿と、ソーシャルメディア独自の体験設計(コンテストやキャンペーンなど)の運用施策を行いファン形成に成功されている企業様は増えてきています。

現在、若い世代に人気の次世代ソーシャルメディア(3D空間)を活用したブランド可視化やファン形成について、様々な企業様とお話をさせていただいております。その中で、tiktok、Instagramよりも熱量も高く、次世代へ・共有・体験できる、方法を実証してきました。今回は、実験的に共同で取り組める企業様を募集しています。

【全国事例】Robloxを通じたバーチャル梅狩り体験/日本全国の参加者と連動

TikTokやInstagramなどの既存のSNSがファンのエンゲージメントを高め、コミュニティを育ててきたように、メタバース(Roblox)は没入感のある体験を通じて、より深いファンとのつながりを生み出すことが可能になりました。

地域と人、企業とファンをつなぐ新たなソーシャルメディアとなり、これからの地域活性化と企業のブランディングを大きく変えていく可能性を秘めています。没入感、共同体験、インパクトを兼ね備えた次世代のソーシャルメディアが、地域や企業の魅力を最大限に引き出し、持続的な発展を支える重要な取り組みとして注目されています。

※ Robloxを通じた梅狩り体験の様子。実際に日本全国の参加者と連動しながらリアルとバーチャルの融合したイベントとして開催されました。

※この取り組みは Roblox(メタバース)ソリューション for 企業・地域・教育 で事例として紹介しています。詳細を知りたい方がいらっしゃいましたら、下記のお問い合わせからご連絡ください。

【全国事例】「商店街×アート展示」リアルとの連動

星田商店街がメタバース空間に出現し、アート展示を実施
みつぼしart星田ではメタバース(Roblox)空間に星田駅前商店街を再現し、メタバース会場でもアートフェアを同時開催します。クラウドファンディング支援者を対象としたメタバースツアーも開催予定で、実際に現地に行けない方にも、アートフェアを楽しんでいただくことができ増田。

メタバースでみんなが一緒に混ざり合う体験を
メタバース上では、障がいの有無や年齢問わず、みんながアバターとなって一緒に自由に会場を駆け巡ることができます。子供たちの方が、メタバース内の操作は先輩です。

【4つの具体的事例】Tiktok,InstagramなどのSNSキャンペーンをRoblox(メタバース)で行う!?

TikTokやInstagramなどのSNSでは、フォロワーとのエンゲージメントを高め、コミュニティを形成するためのキャンペーンが広く行われています。例えば、インスタグラムでは商品やブランドに関するクイズを出題し、コメントした人の中から抽選で当選者を選ぶなど、SNSならではの双方向性を活かしたキャンペーンが実践されています。

一方、メタバースにおいても、ファンとのエンゲージメントを深め、コミュニティを育てる新たな試みが急速に広がっています。Robloxでは、シューティングやレースなどのミニゲームや、記念撮影や他ユーザーとの交流といったソーシャル体験を通じて、ユーザーが能動的に参加できるキャンペーンが数多く実施されています

実際の活用事例の例

  • 「フォトコンテスト開催!」企業が運営する既存のInstagramアカウントと連動する形で、ファンが投稿した写真をRoblox内に展示し、ファンがその空間へ遊びに来るなどの設計をすることも可能です。
  • 「巨大化させてPR!」ブランドや商品、モニュメントなどを3D空間でインパクトのある形で表現し、PRします。Roblox独自の空間表現を生かしながら、そのブランドのコンセプトや世界観を表現する空間体現を目指します。
  • 「一緒に3D空間をつくる!」すみだメタバースこども国家(Roblox) で探究学習でRobloxを活用した「1日でクリエイターになる」といった内容の探究学習/STEM教育 を行っています。私たちの取り組みを通じて、若い世代のクリエイターや学校教育期間のと人材コラボ等も可能になります。
  • 「AIを活用!」生成AIを活用したインハウス支援も行っています。Instagramの投稿をAIを活用して業務改善に繋げるように、Robloxの3D空間をAIと素材をつくらせたり、AIにプログラミングをやってもらったり等。リスキリングにも繋がる生成AIインハウス支援も可能です。

【企業事例】メタバース空間でキャンペーンを行う!「チャンギ空港 × 参加型」

ユーザーに航空券をプレゼント!?

シンガポールにあるChangiVerse 空港は、オンラインの空港体験に新たなメタバースによる新たな体験を設計し、ファンとの物理的な障壁や時差を越えて、チャンギ空港のファンや、これまで空港を利用する機会のなかった人々が、デジタル空間でチャンギを探索し、交流し、参加できるようにすることをRoblox空間を通じて実現しています。

ユーザーはチャンギ カート レース ゲームに参加することができます。毎月最速タイムを記録したプレイヤーがシンガポール航空の直行便で目的地までのシンガポール航空のエコノミー クラス ペア航空券を獲得できます。

  1. 物理的制約を超えた新しい顧客体験の創出:メタバースを活用することで、世界中の人々が時間や距離の制約なくチャンギ空港の魅力を体験できるようになります。
  2. ゲーミフィケーションによる高いエンゲージメント:レースゲームなどのインタラクティブな要素により、ユーザーが能動的に参加し、ブランドとの深い関わりを持てます。
  3. バーチャルとリアルを結びつけるインセンティブ:航空券が当たるという仕組みが、メタバース上の体験を現実世界での行動につなげる効果的な動機付けになっています。

【資料】発信から参加型体験へ~3D空間の体験を活かしたブランドPR~

メタバース(Roblox)の遊び/楽しさというのは、空間体験を活かしたゲーミフィケーション的な没入感と体験性にあります。ユーザーは受動的な観客ではなく、能動的なプレイヤーとしてキャンペーンに参加することで、ブランドとの深い絆を築くことが可能になりました。

この点は、従来のSNSキャンペーンとは異なる、メタバースならではの強みと言えるでしょう。実際に、世界中/日本中の企業が、メタバースでのブランド可視化/ブランディングに注目し、続々と参入しています。

没入感のある体験を通じてファンとのエンゲージメントを高め、ロイヤルティを醸成する。それこそが、これからのブランド可視化/ブランディングのやり方となっていくことでしょう。

hayato takahashi

hayato takahashi

エンジニア