【Shopify アプリ紹介】お気に入り追加機能(Wishlist)

今回は、ECショップに必須の機能「お気に入り追加(Wishlist)」のご紹介です。
お気に入り追加機能(Wishlist)は、ネットショップに訪れたユーザーが気に入った商品のリストを作成して、いつでも商品を購入できる状態を作ることができます。
また、お気に入り追加機能は単にリストを作成するだけでなく、様々なマーケティング施策を行う上でも必須な機能です。今回は簡単に解説を行いつつ、おすすめのアプリについて記事で紹介していきます。

自身のネットショップに、まだまだ機能が足りていないと感じている方や、ネットショプ運用に課題を感じている方におすすめの内容となっています。

お気に入り追加機能(Wishlist)の効果

お気に入り追加機能がもたらす、効果について簡単に解説していきます。

売り上げ拡大

お気に入り追加機能は、商品をお気に入り追加して、お気に入りした商品のリストを作成することができます。
そうすることで、ユーザーはサイトへ訪れた際に、いちいち買いたい商品を探す必要がなく、ノンストレスで好きな商品を購入することができるため、機会損失を防ぎ売り上げの拡大を図ることができます。

また、お気に入りリストを第三者に、「欲しいものリスト」として公開することで、第三者からのプレゼントといった消費を促すことが可能です。

サイトへの再訪問率・回遊率UP

お気に入り追加機能は、サイトの訪問率や回遊率を向上させてくれる機能としても優秀です。
ユーザーは、お気に入り追加した商品を確認するためサイトへ訪れ、「値下げ、クーポン、在庫数」などを確認します。
また、お気に入り追加する商品を選ぶために、一通りサイトを徘徊してみるといった行動につなげることも可能です。
実際に、「値段、デザイン、性能」などを比較しながら似たような商品のリストを作成する人も多く、商品のバリエーションが多ければサイトの滞在率と共に、回遊率の向上が見込めます。

効果まとめ

  • お気に入り機能による売り上げ向上
  • 第三者からの消費
  • サイト再訪問率の増加

お気に入り追加機能(Wishlist)の応用的な使い方

お気に入り追加機能は、単にユーザーが商品リストを作成して快適にサイトを使用するだけでなく、運営側視点でもメリットがあります。

在庫管理

お気に入り追加機能を実装することで、商品の在庫管理に役立てることができます。
商品のお気に入りされた数を把握することによって、どの商品が人気があるのかをリサーチを行い、人気の度合いによって商品の在庫数を調整することが可能です。

また、過去のお気に入りされた商品(人気商品)を分析し、次の新商品のアイディアに役立てることもできるのでお勧めの機能です。

精度の高いメールマーケティング

Wishlistはメール機能と組み合わせることで、非常に高い精度で売り上げの拡大につなげることが可能です。
例えば、長い間サイトへのアクセスがないユーザーに対して、お気に入りした商品の通知を行うことでサイト再訪問へのアプローチを行うことが可能です。
また、「お気に入り商品通知、在庫数通知、クーポン通知」などをこなうことで、ユーザーの購買意欲をかき立てたりすることも可能ですし、わざわざサイトへ来なくともメールから購入できる状態にすることで、売り上げの拡大を図ることも可能です。

また、そういったアプローチを繰り返していくことで、新規ユーザーからリピーターの獲得につなげることができます。

効果まとめ

  • 人気商品のリサーチ
  • 在庫管理
  • 次作の商品へのアイディア
  • 精度の高いメールマーケティング
  • 新規ユーザーからリピータの獲得

おすすめのアプリ

おすすめのアプリ(概要)

アプリ名:Wishlist Plus
<料金>
・FREE(無料)
・STARTER:月額$14.99(または年1回の$149.99)
・RRO:月額$49.99(または年1回の$499.99 )
・PREMIUM:月額$99.99(または年1回の$999.99)

・対応言語:英語(サイト内表示は日本語化が可能)
・URL:https://apps.shopify.com/swym-relay

Wishlist Plusでできること

  • ユーザーはログインしていない状態で、お気に入りリストを作成することができます。
  • 他のユーザーがお気に入りした数をカウント表示することができます。
  • 自分がお気に入りした商品を、第三者に欲しいものリストとして公開することができます。
  • お気に入りした商品の「在庫数通知、値下げ通知、クーポン通知、自動通知」などを行うことができます。
  • メールアプリと連携を行い、より精度の高いメールマーケティングを行うことが可能です。
  • JavascriptやAPIを活用した、カスタマイズや拡張が可能です。
  • アナリティクスを活用して、人気商品のリサーチが可能です。

まとめ

おすすめしたアプリは、無料のプランもあり使いやすく、UI表記を日本語にすることも可能です。
自身のネットショップに、お気に入り追加機能がないという方は、是非とも検討してもらえたらと思います。
非常に簡潔なものとなっていますが、アプリのインストールから挙動の確認を行なっている動画もありますので、まだアプリをインストールしたことがない人は参考にしてみてください。



また、NOCODOではノーコードEC(ShopifyやBASEなど)を対象として、ネットショップの構築や運用、マーケティングサポートを行なっていますので、お気軽にご質問ください。

umeki

umeki

NoCode(ノーコード)の役立つ情報を発信しています。
メディア以外にも、ノーコードに関する取り組みを行っており、ノーコード市場を盛り上げていきますので、よろしくお願いします。