ノーコードでデータ分析!!Google analytics(Googleアナリティクス )をうまく活用して、売り上げ拡大やサイト改善へ

Google analytics(グーグルアナリティクス )は、無料で使えるマーケティングツールです。
無料でありながら、高度な機能を使うことができ、「売り上げの拡大、サイトの改善、他ツールとの連携、生産性の向上」を行うことができます。

無料で使えて高機能ではあるのですが、カスタム性が高いため最初は何から行ったら良いか分かりづらい場合もあります。ただ、それだけ複雑な設定を行うことができるため、多くの企業で活用されているツールです。

Googleアナリティクスは、自身のサイトに合わせたアクセス解析を行うことができるので、自身のサイトへ合わせた初期設定が重要となります。
したがって、明確なテンプレートというものはなく、運用担当やマーケティング担当が設定を行わなけれなりません。ただ、上手く使いこなせるようになれば自身だけでなく、プロジェクト単位で生産性を高めることも可能です。

今回は、ノーコード的な視点も踏まえ、グーグルアナリティクスの紹介とサイト運用に役立つレポートの作成について紹介します。

Google analytics(Google アナリティクス )とは

Googleアナリティクスは、Webサイトのアクセス状況を分析して、サイトの改善やアクセス状況をグラフ化し、売り上げの拡大や生産性の向上をサポートしてくれるツールです。

Webサイトのアクセス状況を様々な視点から分析することが可能で、「ユーザーのサイト内行動、何時間サイトに滞在したか」など様々な角度のデータを収集することが可能です。

イメージとしては、サイトに訪問しているユーザーの様々な行動を、データ化し収集するツールです。

逆に、どういうワードで検索してサイトへ訪問してきたかなどの、サイト外のユーザーのデータは、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)を活用することでデータ収集を行うことが可能です。

属人化を防ぐ!誰でもデータ分析できるノーコードツールTableau(タブロー )

NOCODO編集部では、過去にノーコードのBIツールTableau(タブロー )の紹介記事を公開しています。
BIツールは、「ビジネスインテリジェンス」の略で、様々なデータを元にデータの加工や分析を行い、精度の高い意思決定へつなげることのできるツールになります。
具体的には、売り上げ予想や予算などを的確に管理し、物流コストの最適化、生産性向上やコスト削減、プロジェクト管理など、様々なことに対して活用することができます。

様々なデータ分析を行い、サイトの改善や売り上げ拡大につなげるGoogleアナリティクスは、近しいツールとなっています。
ビックデータの分析に興味のある方は、是非ともご覧ください。

目標と効果測定(データ分析)を行うための設定

では、まず設定を行うための環境を準備します。
Googleアナリティクスをいじる環境がない方は、以下のURLから、デモアカウントの追加を行ってください。

デモアカウントを追加すると、Googleのサイトを分析するGoogleアナリティクスを実際に触ることが可能です。完全にカスタムできるわけではないですが、実際のGoogleアナリティクスに触れて使用することができます。

それでは、サイト運用の目標を設定していきます。デモアカウントでは、目標の設定が制限されているのでご注意ください。

目標を設定するには「設定」から、画像の赤枠「目標」を選択します。
目標の設定方法は、直感的に分かりやすい仕様となっているので、ここでは割愛します。

はい、以下の画像の通り目標の設定が完了しました。
それぞれ、「お問い合わせした数、サイトへ訪問した際のページ閲覧数、サイトの閲覧数」で目標を設定しています。

設定した目標は、「コンバージョン」>「目標」>「概要」から、確認を行うことが可能です。
それでは、実際にサイトへアクセスしてお問い合わせなどのアクションを行っていきたいと思います。

実際に、サイトへ3回アクセスして、2回お問い合わせを行ってみました。
以下の画像から、どのページで離脱が発生したのか、結果的に何件の目標を達成できたかを確認することができます。

また、先ほどの設定した目標は、「コンバージョン」>「目標」>「概要」から、目標を選択して詳細な内容を確認することも可能です。
以下では、目標に対するコンバージョン率を確認することができたり、目標に対する価値を設定することで成果を業績として確認できるようになっています。

さらに、画像の「参照元/メディア」とあるところから、流入先を確認することが可能です。
SNS広告などの運用を行なっているのであれば、SNS広告からどのくらいの割合で流入が発生して、どこで離脱が発生して、何件目標に達成したかを知ることで、SNS広告の効果を最大化することができます。

まとめ

これまで、簡単にGoogleアナリティクスの概要や使い方について触れてきました。
次回は、効果測定を効率的に行うためのレポート機能について紹介しますので、レポート機能を活用できていない方は是非ご覧ください。

その他人気記事はこちら

日本語対応のノーコードツール5選!!プロダクト開発から業務改善まで対応!!(Click、MagicInstructions、サスケWorks、Kintone、Platio)


ノーコードって実際使えるの?ノーコードで開発されたアプリの事例を紹介

Googleのノーコードツール「AppSheet」でスプレッドシートをより強力に、業務効率化!

お問い合わせはこちらから

プレスマンでは、ノーコード(nocode)・ローコード思考によるDXを進めています。
ECサイト・POC・社内DX・リスキルに至るまで、お問い合わせください。
必ず良い答えをご用意できます!
ご相談は以下よりお願い致します。

umeki

umeki

NoCode(ノーコード)の役立つ情報を発信しています。
メディア以外にも、ノーコードに関する取り組みを行っており、ノーコード市場を盛り上げていきますので、よろしくお願いします。